kensiroukun’s diary

コツコツブログを書いていくのでよろしくお願いします。ジャンルは様々です。皆さんの役に立てるようなブログを更新していきます。ケンシロォウブログ という名でyoutubeをやっております。主にアニメーションを作成しています

【ドライヤーだけで大丈夫】僕がいつもしている天パからストレートにする前髪の乾かし方

f:id:kensiroukun:20190908215704j:image

 

どうもケンシロォウです。

 

 

今回は僕が毎日している前髪を真っすぐにするドライヤーの乾かし方について紹介したいと思います。

 

この乾かし方はTVや美容室の方からの知識を生かして編み出したものです。(ちょっと盛ったかも)

 

この乾かし方をマスターすれば天パからナチュラルなストレートヘアになるでしょう。

 

ちなみに僕も天パで悩んできました。

 

写真を見せますが、こんなんじゃ天パっていわねぇよって言わないでくださいね。

 

一応僕なりに結構悩んでましたからね。

 

【閲覧注意】

 

 

f:id:kensiroukun:20190908214144j:image

 

このくらいの天パです。すごくうねっているわけではありませんが、癖が強くてアイロンをしてまっすぐになりません。

 

こんな僕の髪ですが、この乾かし方をすればこのくらいましになります。

 

f:id:kensiroukun:20190908214328j:image

f:id:kensiroukun:20190908214332j:image

 

なんせドライヤーで8割は髪セットができるのですから。

 

それでは髪の乾かし方を紹介していきましょう。

 

 

1.癖毛から落ち着いたナチュラルストレートへの乾かし方!

 

写真で見せた以上に天パの方はどうなるか想像がつきませんが、多少癖が落ち着くと思います。

 

それともう一つは雨の日や湿気が多い日はどうしようもありません。

この日はもう諦めています。(笑)

 

さて本題の乾かし方に移ります。それでは行ってみましょう。

 

ツヤのあるストレートヘアへ

 

その1.濡れた髪を後ろに流してタオルで髪を包み込む

f:id:kensiroukun:20190908214729j:image

 

 

髪をオールバック状態(?)にして、その上にタオルを巻きつけます。だいたい20分くらいで、髪の水分を程よく残す状態で。

 

これをすることによって、シャンプーやトリートメントの成分をしっかり吸収してくれて、保湿効果があります。

 

タオルでよくゴシゴシして乾かす方もいますが、あれをすると髪のキューティクルを痛めてしまいます。

 

それと自然乾燥も髪には良くないとされています。

それに天パの人が自然乾燥をすると、髪が水分を多く吸収してしまい、この水分バランスの崩壊でうねりの原因にもなります。

 

とにかく、濡れた髪はキューティクルが傷みやすい状態です。

 

そのためすぐにドライヤーで乾かすのもいいでしょう。

 

僕は濡れた髪にそのままドライヤーで乾かすよりもタオルドライをしてから乾かしたほうが、うねりがなくなる気がしました。

 

それにタオルドライを入れれば、ドライヤーで乾かす時間を短縮できます。

 

 

その2.ドライヤーで生え際から毛先にかけて乾かす。

 

髪をオールバックにした状態で生え際から毛先にかけて乾かしていきます。

 

ただし、完全に乾かすわけではありません。髪を8割くらい乾かします。

 

乾かし方も僕流のコツがあって手でゴシゴシしながら乾かすのではなく、手ぐしを通す感じで後ろに流していきます。

 

もう一つポイントがあり、ここでは温風で乾かします。 ここが重要です。

 

ここでは後ろに手ぐしを通すことによって、髪のうねりを伸ばしています。

 

 

その3.前髪をおろして乾かす

 

前髪をおろすときも、そのままおろすのではなくて温風を当てながら前に手ぐしで流す感じです。

 

髪全体を前に持ってくるイメージです。

 

 

その4.髪を左(逆でもいい)に分ける  重要

 

髪を手ぐしで左方向に流していきます。うねりを伸ばす感じで流すとよいでしょう。

 

最初は温風で髪を流して、次に冷風で乾かします。

 

この動作が髪を乾かすうえで一番重要になっていきます。

 

アメリカの研究でも出ているのですが、温風と冷風を交互にすることでキューティクルが引き締まって髪がつやつやになるそうです。

 

また、交互に使い分けることで水分バランスが整えられて髪のうねりが緩和されます。

これを聞いて驚きました。(TVが紹介してました。)

 

実際僕もやってみて実感しました!それに癖もましになった気がします。

 

これを機に取り入れてみてはいかがでしょうか。てかやらない手はありません(笑)

 

 

その5.反対側(右)に髪を分ける  重要

 

こちらもその4と同様に手ぐしで流していきます。

温風をしてから冷風を当てる動作も忘れずに!

 

その6。この2つのことを2回くらい繰り返す

 

その4とその5を2回くらい繰り返してきます。

そうすると前髪はだいぶ乾いてくると思います。

 

髪の癖が弱い人はこれだけでナチュラルなストレートになると思います。

 

僕はこれだけで自然な髪型になります。

 

それでもうねりが取れない方はおまけを見てください。(この下)

 

 

おまけ. 癖があるところにくしを通しながらドライヤーを当てる

 

くしで髪の癖を伸ばしながら、ドライヤーを当てます。

 

ココも重要でまずくしで伸ばしつつ温風を当て、次に冷風で当てます。

 

これだけで癖がかなりましになるかと思います。

 

 最終手段はアイロンを使うことです。

 

これをすればどんなにひどくても真っすぐになるはずです。

 

アイロンにもおススメな商品がありまして、ブラシがついているのです!

 

普通のアイロンでうまくいかない人はこちらの商品を使うと思い通りにいくかもしてません。

 

 

 

2.まとめ

 

いかがだったでしょうか。僕流の前髪の乾かし方。

 

結構髪のうねりに悩んでました。

悩みすぎて、中学生のころこっそりストレートパーマしたことがあります。(校則が厳しかったあのころ)

 

何も言われなかったってことは、見ていないふりをしていたのかな。だとしたら感謝です。

 

今回は前髪をナチュラルストレートにする乾かし方を紹介しました。

 

特に、温風と冷風を交互に当てるのはうねりをなくすキーポイントなのではないでしょうか。

 

一つの新知識として持って帰ってください(笑)

 

だいたいドライヤーを当てるだけで10分から15分くらいで乾かせます。(メンズの場合)

 

それに髪も結構ましになりますし。

 

乾かし方は自己流でしたい人もこれだけは持ち帰ってください。

 

温風と冷風は交互に当てる!

 

以上です。それではまた次回~。